天才高校生サーバー管理者

In: monologue

13 10月 2008

『ブラッディ・マンディ』というドラマが始まりました。これはマガジンで連載している漫画の実写化で、天才ハッカーの主人公が、警視庁の秘密部隊と協力しながら事件の捜査をする、という漫画的ドラマだそうです。

だいたい、ドラマや映画で「ハッカー」というと、「それはねぇよ」というような妙な描かれ方をされていますが、このドラマは意外と考証、設定がしっかりしているようです。
こちらの記事で、主人公の「ハッキングシーン」が分析されてます。

休み時間の藤丸のクラック

休み時間にクラック用スクリプトを書いてクラックするみたいです。

直後に実際に攻撃スクリプトを実行します。 この番組,相当Pythonが好きなようです(笑)藤丸のターミナルには「falcon@ws2 # nasm sc3.asm」と「falcon@ws2 # python -i atk3.py web25.boucka.ru 2323 -f sc3」で既存の脆弱性を狙いリモートアタック。見事にroot権限を取得し攻撃先に侵入しました。多分オーバーフローさせて参照先アドレスを攻撃者の任意のものに書き換えて,書き換えた参照先に攻撃者の任意のスクリプトを置いておけば成功する脆弱性なのかなーっと思います。

ちなみに藤丸は侵入直後の「/var/www」ディレクトリで「ls -al」コマンドを発行しています。表示されるファイルは「.htpasswd」と「index.html」…。.htpasswdを公開ディレクトリに置いてあるし,.htaccessは無いし…よくわからないですね(笑)何の意図でしょうか。

rootなのでシャドーパスワードを走査できますね。「brute_des」でパスワードを探している様子が伺えます。

内部からポートスキャンしたのが監視システムにバレたらしく,藤丸は焦って自分の実行させているコマンドをkillしようとします。ターミナルには

「kill -9 $」や「>>>connkill() Stopping…」のような画面が見えます。 killが成功したようですが,ログの改ざんなどはしっかりやったのでしょうか…汗
「ブラッディ・マンデイ」を考察する:高校生サーバー管理者の考察日誌 – CNET Japan

ツッコミが細かい…。
映画『バトル・ロワイヤル』だと、ハッキングするシーンでただ延々と「ll」コマンドを入力しているだけだったりしたもんですが、これはドラマのメイン・モチーフだけあって、ちゃんと分かる人を制作スタッフに入れてやっているのでしょうね。

それにしてもちょっと気になったのは、このCNETの記事のライターである「高校生サーバー管理者」氏は、ドラマの主人公と同じく高校生なんですね。
ちょっと調べてみると、自宅サーバーを使って無料ホスティングサービスをやっているようです。

ホーム – ABELレンタルサーバーサービス
これ、デザインこそシンプルなテンプレートですけど、サービス内容はかなり充実してます。システム的にも、自動会員登録からWeb上のオリジナルコンパネまで作り込んでいるようで、素晴らしい物があります。

運営者情報を見てみると本当にまだ高校生なんですね。
運営者情報 | AbelProject

か、格好良いじゃないですか。
我々が社会人になってから、えっちらおっちらサーバ周りの勉強を始めている一方、物心ついたときから普通にネット環境があって、趣味の自宅サーバで無料ホスティングを始めてしまう高校生もいるわけです。こりゃーうかうかしてられません。

後生畏るべし。焉(いずく)んぞ来者(らいしゃ) 来者(らいしゃ)の今に如かざるを知らんや。

広告

コメント

5 Responses to 天才高校生サーバー管理者

トラックバックURL:

Avatar

高校生

2月 10th, 2009 at 2:48 AM

高校生といえば思考能力的にはほぼ大人に近いし、
プログラムだのシステムエンジニアだの
人より時間をかければ誰でもできる。
まあプログラムはともかく、
サーバー管理なんて
検索すれば前例がごろごろ出てくるわけで
別になんの自慢にもならない気がする・・。

Avatar

dacelo

2月 12th, 2009 at 4:06 PM

いやいやそうでもないと思いますよ。
サーバー管理を楽しんでできるという意味で適正があることと、高校生で有料サービスを立ち上げようという行動力は、なかなか持ち得ないのではないかと。

Avatar

20代半ば

3月 8th, 2009 at 9:53 PM

そうですねー、daceloさんにほぼ同感で、自分が高校生だったころと比較すると、すごいなーって思いますね。段階でいえば、1.学ぶ 2.学んだことを形にする 3.形になったものがある程度の定評を得る とわけてみると、ABELのサービスは評判が良いようですので、3番目もクリアできてる、となると希有な実績だと思います。もちろん経験ある方からすれば高校生なりの若さはあるかもしれないですが、個人的にはがんばってほしいなーと応援したい気持ちですね。そして自分もがんばらないと。

Avatar

dacelo

3月 12th, 2009 at 9:15 AM

フォローありがとうございます。後生畏るべし。言ってみれば高校生実業家ってことになりますからね。たいしたもんです。
たいしたもんです、だけじゃなくて我々大人もがんばらなくては、ですね!

Comment Form

About this blog

ここは、SE見習いである私ことdaceloが、日夜習得していくシステム関連の備忘録、phpやWordPressTipsのネタ、あるいはSEOやWebマーケティング関連の雑感を投稿するブログです。 平日は大体毎日投稿しています。土日は休業日です。

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ