Linux : ファイルにテキストを追記で書き込む

In: Linux

22 6月 2011

Linuxコマンドでは「 > ファイル名」と入力すれば、画面に出力されるものはなんでもそのファイルに書き込むことができます。

例えば、echo でaaaと書き込んでみましょう。

[dacelo@info]$ echo aaa > test.txt
[dacelo@info]$ cat test.txt 
aaa

しかし、続いて同じようにbbbと入力すると、最初に書き込んだaaaはクリアされてbbbしか残りません。

[dacelo@info]$ echo bbb > test.txt
[dacelo@info]$ cat test.txt 
bbb

追記モードで書き込むには、[ > ]ではなく[ >> ]を使います。

[dacelo@info]$ echo aaa > test.txt
[dacelo@info]$ echo kkk >> test.txt
[dacelo@info]$ echo bbb >> test.txt
[dacelo@info]$ cat test.txt 
aaa
kkk
bbb

広告

どんなときに使うの?

定期的にCronで実行した結果を記録したり、ログを取ったりするときに使えますね。

コメント

3 Responses to Linux : ファイルにテキストを追記で書き込む

トラックバックURL:

Avatar

dacelo

6月 22nd, 2011 at 7:22 AM

Linux : ファイルにテキストを追記で書き込む (http://bit.ly/jLlF4d )

Avatar

daceloweb

6月 22nd, 2011 at 4:22 PM

Linux : ファイルにテキストを追記で書き込む (http://bit.ly/jLlF4d )

Avatar

[PHP][HTML][Linux]PHPから静的なHTMLファイルを生成する方法 | ikemonn's blog

2月 21st, 2013 at 10:49 PM

[…] Linux : ファイルにテキストを追記で書き込む […]

Comment Form

About this blog

ここは、SE見習いである私ことdaceloが、日夜習得していくシステム関連の備忘録、phpやWordPressTipsのネタ、あるいはSEOやWebマーケティング関連の雑感を投稿するブログです。 平日は大体毎日投稿しています。土日は休業日です。

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ