font family “Palatino Linotype”の指定

In: css

3 2月 2009

同僚から「Paratino Linotypeを使いたい」と相談を受けて調べてみた。

Palatino

広告

パラティーノ (Palatino) は、ヘルマン・ツァップによってデザインされたラテン文字のセリフ体書体。1950年に発表された。名称は16世紀イタリアの書家ジャンバッティスタ・パラティーノに由来する。

基本的にはオールド・フェイス・スタイルであり、縦横の線の太さがあまり変わらない。しかし、セリフが直線的であり、独特の雰囲気を生み出しており、非常に美しいフォントである。

PostScriptの登場当初からよくプリンタにインストールされていたため、DTPにおいてよく普及し、Mac OSではPalatinoとして、Windows 2000とWindows XPではPalatino LinotypeとしてOSにバンドルされている。
パラティーノ (書体) – Wikipedia

なるほど、勉強になった。しかしこれをWeb向けのCSS指定でどうかけばいいかな…と検索して見つけたのがこちらのサイト。

Font Family: Palatino Linotype

Published in: CSS

Win/Mac/Linux font family for Palatino Linotype

"Palatino Linotype","Book Antiqua",Palatino,FreeSerif,serif;

Font Family: Palatino Linotype – CSS – Snipplr

CSSからJavaScriptまで、あらゆるスニペットが収集されているサイト。font-familyで検索するとずらりと何でも出てきます。これは便利そう。

Code Snippets – Snipplr Social Snippet Repository

コメント

1 Response to font family “Palatino Linotype”の指定

トラックバックURL:

Avatar

prismtone

8月 16th, 2009 at 11:07 PM

font-family Palatino Linotype

Comment Form

About this blog

ここは、SE見習いである私ことdaceloが、日夜習得していくシステム関連の備忘録、phpやWordPressTipsのネタ、あるいはSEOやWebマーケティング関連の雑感を投稿するブログです。 平日は大体毎日投稿しています。土日は休業日です。

カテゴリー

カテゴリー

アーカイブ